赤ちゃんから大人まで魅了する「しかけ絵本」の世界

赤ちゃんから大人まで魅了する「しかけ絵本」の世界

ページを開くと絵が飛び出してきたり、つまみを引っ張ると絵が動いたり、蓄光で光ったり、秘密の手紙が隠されていたり。。絵本の世界がまるでリアルに動き出すようでワクワクする「しかけ絵本」。

大人になっても本屋さんでしかけ絵本を見かけるとついついページをめくってしまいます。息子が生まれて、今では親子で一緒に楽しめるようになりました。気が付けば我が家の絵本棚にはいろいろな仕掛け絵本が集まるように。今回は私たち親子のお気に入りの仕掛け絵本をご紹介します。

 

私の宝物の「しかけ絵本」

学生時代、初めて自分で購入した仕掛け絵本はこのスターウォーズの仕掛け絵本でした。

1ページの中にいくつもの大迫力な仕掛けが隠れています。最後のページではなんと!ライトセーバーが光るのです!スターウォーズ好きにはたまらない一冊。同じくスターウォーズ好きな息子のお気に入りでもあります。

赤ちゃんの頃は破かないかしらとヒヤヒヤしたものですが、成長して、細かいしかけも破かずに丁寧に見られるようになりました。

 

赤ちゃんの頃からお気に入りの「しかけ絵本」

生まれたばかりの息子に初めて買った絵本はこの「おいしいね」。ねずみくんのしかけ絵本シリーズです。

はっきりした色合いと分厚いページで小さな赤ちゃんも楽しんで読むことができます。今でも変わらず息子のお気に入り。「これよんでー!」とよく持ってきます。

「きょうのおやつは」は鏡を効果的に使ったしかけ絵本。

大人が見ても引き込まれる面白さです。ホットケーキの絵がまた美味しそう♩

鏡に映る自分によく笑っています。

 

飾りたくなる素敵なデザインの「しかけ絵本」

最近ではデザイン性に優れたものも多くなり、インテリアのひとつとして取り入れたくなります。

「おもちゃばこ」はまるでおもちゃ箱の中からおもちゃが動き出したような楽しいしかけ絵本。

「ナマケモノのいる森で!」は森を舞台にしたお話。一つの森が開発によりどんどん小さくなり、 そしてまた森が力を取り戻していきます。どのページにもいふナマケモノを探すのも楽しい。

「オセアノ号、海へ!」は海の中と外の対比で描かれるしかけ絵本。まるで美しい海の中を泳いでいるみたい。繊細なイラストが魅力的です。

 

お出かけのおともの「しかけ絵本」

お出かけのおとも。息子のお気に入り指人形絵本「ねずみくんとおでかけ」

今日はどこに行くー?何を持っていくー?と親子で会話を楽しんでいると、電車の中やお店の待ち時間もあっという間♩

 

ムスコが大爆笑する「しかけ絵本」

「くだものさん」「やさいさん」などユニークで楽しい世界観で人気のtupera tupepaさんのしかけ絵本「かぜビューン」はどうやら息子のツボ。

かぜ………ビューン!!」とためて言うたびに笑い転げています。

 

ドボク好き男子(私も)大興奮の「しかけ絵本」

最近息子が一番ハマっているしかけ絵本「こうじげんば」。

ビルをつくる、橋をつくる、地下鉄をつくる、ジェットコースターをつくる…さまざまなドボクな現場を、めくったり動かしたり楽しい仕掛けで知ることができる絵本です。

私の好みで買いましたが、息子も食い入るように毎日読んでいます。

エレベーターが動いたり、クレーンが動いたり。内容はかっこいいのに、絵柄は可愛くて癒されます。

 

まるで「しかけ絵本」のような楽しい図鑑

息子が2歳になったときから愛読中の「はっけんずかん」シリーズ。

まるでしかけ絵本のように、めくって楽しめるしかけがいっぱい詰まった図鑑です。可愛いイラストだけでなく、写真ページも充実。息子はこの図鑑から新しい言葉をたくさん覚えました。

以前「はっけんずかん」について書いた記事はこちら→「しかけ絵本のような楽しい図鑑”はっけんずかん”

 

赤ちゃんの頃は破ってしまったりかじってしまうこともよくあったけれど、歯型もテープでペタペタ貼り付けた跡も思い出です。上手に指先を使ってしかけを楽しめるようになってきたこともまた成長の証。親子のコミュニケーションを楽しめるのも「しかけ絵本」の魅力です。

ご紹介した我が家のしかけ絵本や息子のお気に入りの絵本たちを楽天roomの「baby・kids 絵本コレクション」にまとめています。

Other Post

何歳からでも始められる♩育児がもっと楽しくなる♩”3年育児日記”を発売しました!

クリスマスに親子で読みたい、小さな子どもにおすすめのクリスマス絵本

安心安全なプステフィックスのシャボン玉でお外あそびを楽しもう♪

子どもを守るために備えたい、我が家の防災グッズリスト