仕掛け絵本みたいな楽しい図鑑「はっけんずかん」

仕掛け絵本みたいな楽しい図鑑「はっけんずかん」

息子は1歳を過ぎると身の回りのさまざまな物にとても興味を示すようになりました。言葉が出始めると物の名前を知りたがるように。2歳前になると聞いた言葉をよく覚えていました。そんな「これなあに?」が増えてきた息子が2歳になる頃から読み出したのが「はっけんずかん」。

ちょうど言葉を吸収していく時期と重なり、この図鑑を通してみるみる新しい言葉が増えていきました。

「むし」「きょうりゅう」「のりもの」「たべもの」「どうぶつ」「でんしゃ・しんかんせん」「しょくぶつ」「うみ」の全8巻。

対象年齢は1歳から小学校低学年ですが、どれも子どもにとって興味のある世界ばかり。「むし」「しょくぶつ」は普段、公園で出会う虫や花のワクワクする世界を発見できます。

身近に感じられるテーマが多く、図鑑を読むことで身の回りの物がさらに魅力的に感じられそうです。

この図鑑の特徴は、楽しい”窓あき”のしかけ。普段は見られない土の中の世界、お菓子工場の中、新幹線の運転席など、驚きがたくさん隠れています。

細くリアルながら、かわいいイラスト。

イラストと写真のページが交互にあるので、イラストだけでは分からない、リアルな姿を見て学ぶことができます。

「たべもの」のおいしそうなおやつや、ごはんのページは息子のお気に入り。

「はっけんずかん」は大人が見ても新しい発見や驚きがあり、とても楽しい図鑑。家族で一緒に眺めては「これは?」「こんな風になってるんだ!」と楽しんでいます。スーパーでの買い物や公園へのお散歩で、図鑑で一緒に覚えた物の名前を「これ、○○だね」と言い合うことも多く、お出かけでの楽しみも増えました。

さまざまなことをスポンジのように吸収していく大切な時期。絵本を読むように、図鑑を通して親子で一緒に新しい発見や驚きの体験をするのも楽しいものです♩

「はっけんずかん」を楽天ROOMに入れています☺︎

 楽天ROOM  (ブログで紹介している商品を楽天オンラインショップで集めてみました)

【コラム】いっしょに寄り添い楽しみたい赤ちゃんの「はじめてのことば」

はじめての本物カメラ♪「アンパンマンカメラ」

イヤイヤ期な息子との衝突を緩和「おうち標識マーク」

息子の服選び〜グラニフの絵本コラボシリーズ編②〜