家族で遊べる♪道路標識カードゲーム!(ダウンロード素材載せてます)

家族で遊べる♪道路標識カードゲーム!(ダウンロード素材載せてます)

道路標識好きな息子と一緒に遊べるカードゲームをダンボールで作ってみました。馴染みのある21個の標識を用意。並べて遊ぶだけももちろん、神経衰弱ゲームも楽しめます。枚数を調節することでレベル調節も可能。裏面は道路のイラストになっているので、並べて道を作って遊ぶこともできます。
プリントして使えるダウンロード素材もを載せているのでご自由にお使いください♪

用意するもの

  • ダンボール
  • のり
  • 定規
  • カッター
  • セロハンテープ
  • パソコン
  • プリンター
  • つくりかた

つくりかた

①「道路標識カード」、「道路カード」をパソコンで作ってみました。
ご自由にプリンターで印刷してお使いください。
神経衰弱あそびをするときは、2セットずつ印刷します!

↓↓こちらからダウンロードできます。↓↓
「道路標識カード素材」

↓↓こちらからダウンロードできます。↓↓
「道路カード素材」

パソコンやプリンターがない方は、手描きでももちろんできますよ♪

②印刷した素材の余白を切り取り、のりでダンボールに貼り付けます。

③カッターナイフでまわりをカット。

④3の裏側に道路カードを貼り付けます。

⑤線に沿ってカッターで切り分けます。

⑥これでカードの完成!

⑦余裕がある場合は、まわり4辺にセロハンテープを貼ると丈夫になります♪

あそんでみよう!

「何のマークかな?」

マークにはそれぞれ何のマークかをひらがなで書いているので、読んでみよう!知ってるマークはあるかな?

「道をつなげて遊ぼう!」

裏面の道路カードをつなげて道を作ってみよう♪交差点だらけ!!笑

「神経衰弱にチャレンジ!」

カードを全て裏側(道路側)にして机に置き、順番にカードのペアを探し、見つけられたペアカードは自分のものになります。全てのカードがなくなったときに一番手持ちカードの多かった人が勝ち!

はじめての神経衰弱だったり、3歳4歳くらいならルールを知るためにも最初は2ペアからスタート

まだまだいけそう!と感じたら、3ペア、4ペア、とだんだんレベルアップさせていきます。慣れてきたら、家族みんなで全部のカードを使って神経衰弱ゲームにチャレンジ!子どもの方が大人よりも記憶力があってびっくりさせられたりも。

息子は自分にあまーいマイルールで一人勝ち♪ルールに厳密にならなくても、子どもが楽しい!と思えるようなゆるゆるルールでこちらは盛り上げ役になってあげるとお互い楽しい♪

ぜひぜひ、いろんな遊び方で楽しんでみてください♪

子どもと過ごすおうち時間を楽しめそうなアイテムを随時紹介しています。
「きなこ楽天room」

Other Post

おうち遊びに♪小さな子どもと一緒に楽しめるアイロンビーズアイテムと作品の収納方法

本物そっくり♪ダンボールで作るスマホおもちゃ

紙で作る手作りおもちゃ「忍者スイスイのぼり」

子どもの絵でオリジナルぬいぐるみ作り