身近な材料を使って干支かざり作り「牛乳パックトラべこ」

身近な材料を使って干支かざり作り「牛乳パックトラべこ」

2022年は寅年ですね。昨年は牛乳パックを使って幸運を呼ぶ牛「赤べこ」を作りました。今年は干支のトラをイメージして「トラべこ」に。身近な材料を使って作れるお正月かざり、干支かざりの作り方をご紹介します。

あたまがゆらゆら♪牛乳パックトラべこ

用意するもの

  • 牛乳パック(200mlもしくは500ml)
  • ヤクルト容器
  • カラーテープ(黄色と黒、もしくは白と黒)
  • 丸シール(小)
  • はさみ
  • 両面テープもしくは塩ビ同士がくっつく接着剤
  • 油性ペン
きなこ

カラーテープがなければ画用紙やマスキングテープなどでも代用できます。牛乳パックは空き箱、ヤクルト容器はトイレットペーパーの芯などでも♪身近な材料でチャレンジしてみてください☺︎

つくりかた

①牛乳パックの上の部分を切り取ります。

②1で切り取った部分を4等分し、長さを揃えてからくるっと巻き、黄色もしくは白のカラーテープを貼り付けます。(「足」部分になります)

③牛乳パックの本体部分とヤクルトに黄色もしくは白のテープをぐるりと貼り付けます。ヤクルトは口部分も塞ぎます。

テープでしっぽもつけます。

④トラの顔や模様をテープを貼って表現します。目は丸シールを貼って油性ペンで丸を書き込みました。

⑤短く切った紐を頭部分に貼り付けます。(紐をつまんでぶらさげたときに、ちょうどバランスが取れるように)

⑥5で貼り付けた紐の反対側を牛乳パックの上部分に貼り付けます。

⑦2で作った足を両面手テープもしくは塩ビ同士がくっつく接着剤で貼り付けます。

⑧完成!200mlの牛乳パックで作ったトラべこ、500mlの牛乳パックで作ったトラべこを並べてみました。親子みたいで可愛い♪

指でつんつんすると頭がゆらゆら揺れます♪

2022年はどんな年になるでしょう。我が家は息子がいよいよ小学生になります。家族にとっても新しい出発の一年。ゆらゆら揺れてホッと癒してくれるトラべこが、幸運を運んできてくれますように。みなさまにとっても、笑顔溢れる良い一年になりますように。

Other Post

父の日にも!子どもの絵で世界に一つだけの贈り物が作れるおすすめサービス

成長記録にも!子どもと作る「あいうえお絵本」(ダウンロード素材あり)

節分を楽しむ手作りおもちゃ!段ボールで鬼退治ストラックアウトをつくろう

牛乳パックでつくる!ゆらゆらお正月干支かざり〜牛乳パック赤べこ辰年バージョン