我が家のレゴ遊び、作品の保管やレゴ収納、おすすめセットのはなし

我が家のレゴ遊び、作品の保管やレゴ収納、おすすめセットのはなし

毎日のおうち遊びで4歳の息子が一番遊んでいるのが「レゴ」。息子が生まれる前から夫婦の趣味で遊んできたレゴも、今では家族みんなで楽しめるようになりました。かっこいい乗り物を作って競い合ったり、レゴの街を作って遊んでいます。子どもから大人まで熱中して遊べる、想像力や表現力を育んでくれるおもちゃ、レゴ。我が家のレゴ遊びや収納についてまとめてみました。

息子2歳からのレゴ遊び

息子が2歳のときに遊び始めたのが「レゴデュプロ」。レゴデュプロはレゴと比べてパーツが大きく作られていて、1歳半頃からの幼児向けにデザインされたシリーズです。

3歳4ヶ月頃には通常サイズのレゴブロックを自分で繋げて外して遊べるようになりました。(↓ここは親子で大好きな梅田のレゴショップ♪)

成長とともにどんどんレゴの深みにハマり、、大阪や名古屋のレゴランドに遊びに行く度にまたハマっていき、、、見事にどっぷりレゴの世界にハマっている息子(私たち親も)です。

↓レゴ作品に値札を付けて、レゴ屋さんごっこ♪(無印良品のアクリルボトルスタンドを使っています)

「子どもと一緒におもちゃで遊ぶのって難しい!一緒に楽しめない!」と感じるママパパでも、レゴは大人も一緒に遊びやすい、一緒に楽しみやすいおもちゃだなぁと感じます。子どもから大人までそれぞれの技術レベルで楽しめるのがレゴの魅力。

我が家が一番最初に買ったレゴのセットはこの「黄色いアイデアボックス」

基本パーツからタイヤ、家のドアや窓など、さまざまなパーツが790ピースバランスよく入っています。収納に便利なプラスチック製のボックス付き。
初めて購入するレゴのセットとしてとってもおすすめです

「レゴ 黄色のアイデアボックス スペシャル」

物足りなくなればまたパーツを増やしていくことで、作れるものが増え、遊びの幅も広がっていきます。我が家も今では随分とパーツの量が増えました。

もっとパーツを追加しておもいっきり遊びたい!という方にはこちらもおすすめです。

→「たっぷり遊べる1500パーツセット」

息子が今レゴで一番よく作っているのが乗り物。小さなパーツひとつからこんなにも多種多様なデザインを生み出せるなんてワクワクします。
作って楽しい♪走らせて楽しい♪飾って嬉しい♪

タイヤパーツの使い方もいつのまにか習得し、上手に作ることができるようになりました。

→のりもの作りをたっぷり楽しめる「レゴタイヤパーツセット」

息子一人で黙々と遊んだり、休日には家族みんなでレゴタウンを作ったり、車を作って走らせて遊んでいます。

「基礎板」があると町並みを作ったり、大きな建物を作るときなどに便利
グレーの基礎板はサイズが大きめで使い勝手がよく、カラフルなレゴの色も引き立たせてくれます。

→レゴ遊びにおすすめ「グレーの基礎板」

作ったレゴ作品の保管方法

以前は作った作品をその日のうちに崩していた息子でしたが、今は渾身のレゴ作品は大事に置いておきたいと思うようになったようです。そこで、一時保管スペースを作り、そこに入る分だけ保管できるルールにしています。

崩してしまう前に、思い入れのある作品はカメラで写真を撮って記念に残しています。自分で崩す作品を決め、自分で写真を取り、自分で崩すことで納得できるようです(工作作品も同じ方法で整理しています)。

ダンボールで作ったレーシングコースの中をレゴ作品の一時保管スペースにしています。

これまで息子は作り方の説明書を見たり、教えられることを嫌がり、自由気ままに作るのが好きでしたが、最近では「とーちゃんみたいにもっとかっこよく、じょうずにつくりたい!」と言って、とーちゃんビルダーにアドバイスを求めたり、教わることも増えました。自分の技術を向上させたい欲がむくむく芽生えてます。

↑光るライトレゴパーツで影絵あそび♪

↑お風呂や水に浮かべて遊べるレゴの船♪

息子が使っているレゴセットはこちらに載せています。
→「きなこ楽天room baby・kidsおもちゃ」

我が家のレゴ収納方法

我が家のレゴ収納は無印良品の「やわらかポリエチレンケース 丸型・中」を使っています。ここに基本パーツだけを収納

遊ぶ時はブロックプールにざざっと流し入れます。

遊び終わったらまたざざっとボックスに流し入れて片付け完了。

この小さく折りたためるブロックプールは、パーツが散らばらず探しやすく片付けも楽ちん♩レゴだけでなく、積み木など細かいおもちゃ遊びにもおすすめのアイテムです。

→使用している「ブロックプール」はこちら。

レゴには基本的な形のパーツだけでなく、さまざまな形の特殊パーツがあります。それらの特殊パーツは混ざっていると探すのが大変なので、遊びやすいように分類して整理しています。使っているのはセリアのケース。仕切りが付いていて、細かいパーツの分類に便利です。アイロンビーズなど工作グッズの収納にも使っています。

レゴは遊びを通して、指先の器用さや想像力、色や形を把握し表現する力など、子どもの力を育んでくれるおもちゃです。これまでレゴで遊ぶ息子を見てきましたが、成長する中で遊び方も、できあがる作品もどんどん変化してきました。
長く遊び続けられるおもちゃだからこそ、その中で子どもの成長を多く感じることができ、子ども自身も自分のスキルの変化が自信に繋がるのではないかと思います。

この1年2年で大きく進化を遂げてきた息子のレゴ作品。これからどう変化していくのか、とっても楽しみです♪

Other Post

子どもが描いた絵から、世界にひとつだけのプレゼントが作れるおすすめサービスまとめ

きなこ×こどもと暮らしのランドセル「ずっと」予約販売開始しました(レンタル試着サービス実施中)

我が家のレゴ遊び、作品の保管やレゴ収納、おすすめセットのはなし

100円ショップで揃う材料で息子の「朝やること・帰ってからやることボード」を作りました