妊娠中や育児にも役立った「ビーズクッション」

妊娠中や育児にも役立った「ビーズクッション」

「人をダメにするソファ」でお馴染みのビーズクッション。妊娠中、産後もとてもお世話になってきました。家族みんな、このクッションが大好き。その心地よさはまるで何か魔力があるかのよう。

今では手のひらサイズから複数人がゆったり座ることができるほどの巨大な物まで、様々な種類が販売されています。「無印良品」「ニトリ」「yogibo(ヨギボー)」あたりが有名。価格、デザイン、大きさ、そして中に入っているマイクロビーズの量と質など、メーカーによって違いがあります。

特にマイクロビーズの量と質で、体が包み込まれるかのごとくほどよく沈んでくれるか、長期に渡ってへたらず状態が保たれるかに差がでるよう。カバーの質感も気持ちよさを左右します。どれが自分の好みなのか、どの大きさが自分の家に合っているのか、お店で実際に体感してみるのがおすすめ。

激しいつわりで眠れなかった妊娠中とてもお世話になった抱き枕型ビーズクッション「mogu ママ ホールディングピロー」。

「シムスの体位」という、妊娠中お腹の大きなママが楽に眠ることができると言われている姿勢をとりやすいように特殊な形に設計されています。天然のヨモギエキスが配合されているカバーはさらりとして優しい肌触り。横になって体を丸くし、このクッションに抱きついているととてもリラックスできました。

産後も授乳クッションや息子の枕としても活躍してくれました。

深夜や日中の授乳やお昼寝でもビーズクッションはとても活躍してくれました。もたれかかりながら授乳をしたり、息子を腕枕した状態で一緒に横になって添い乳をしたり。マイクロビーズのおかげで腕は痛くならず、息子を起こさずに腕を抜き取れました。

これはニトリのもちもちクッション。もちもちしていてとっても気持ちいい。

赤ちゃんだった息子もよくビーズクッションの上で気持ち良さそうにスヤスヤ眠っていました。

育児と家事を間のリラックスタイムに役立ってくれたビーズクッション。

リビングにソファを置いていない我が家ですが、代わりにビーズクッションを置くことで部屋を広々と使うことができ、息子もハイハイで思いきり部屋の中を動きまわることができていました。

無印良品の体にフィットするソファ

暮らしを便利に、ワクワクさせてくれる通販サイト「ロハコ」

必要な時だけワイヤーを伸ばして使う「室内物干しワイヤー “pid”」

「シーラー」を使った可愛くて楽しいラッピング

子どもを可愛く綺麗に撮れる。ママとパパにやさしい一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark III」。