私の育児必須アイテム「抱っこ紐」

私の育児必須アイテム「抱っこ紐」

私は息子が1歳9ヶ月頃になるまでビーカーを使わず、抱っこ紐だけで育児をしてきました。そんな抱っこ紐は私の育児にとってなくてはならない存在です。

私と息子の初めての外出は産後1ヶ月後の1ヶ月検診でした。それ以降、一緒に散歩をしたり、買い物をする機会も増えました。妊娠中に準備していたのはスリングでしたが、不器用な私には上手く使いこなせず肩が痛くなってしまい、外出することに対してストレスを感じるようになってしまいました。

「このままではいけない」と思い、生後1ヶ月過ぎに購入したのは「ベビービョルン」の「ベビーキャリア オリジナル」。

ベビービョルンの抱っこ紐は、新生児期からインサートなしで使用できるので、付け外しがとても楽で、夏はママもベビーも涼しく使用することができます。息子も居心地がいいようで、抱っこ紐に入れるとすぐにスヤスヤ眠っていました。

外すときにも寝ている赤ちゃんを起こさずに降ろすことができます。何より着け心地がとても身軽なので、「この抱っこ紐さえあれば私はどこにでも行ける!何でもできる!」と万能感を覚えるほどで、私に「育児」と向き合う自信を与えてくれた大きな存在です。

この抱っこ紐を着けてからは、毎日のように買い物に行くようになりました。息子と二人で電車に乗ってお出かけをしたり、カフェでお茶をすることも。

首がすわると前向き抱っこもできます。男性も使用しやすいかっこいいデザインです。

ベビービョルンの抱っこ紐は快適でしたが、生後4ヶ月頃になると肩への負担が大きくなってきました。ベビーキャリアオリジナルは11㎏(1歳頃)までしか使用できないので、低月齢時のみ使用し、その後は長く使える抱っこ紐を新たに購入しようと思っていました。

新たな抱っこ紐を求めて売り場をまわって様々な抱っこ紐を手に取り、実際に息子に入ってもらい試してみました。

そのとき私が感じたことは、抱っこ紐はどれも装着方法が複雑だということ。そして、腰ベルトががっちりしっかりし過ぎていて帝王切開の傷跡が痛かったり、お腹や腰周りへの負担が大きいということです。息子の足を大きく開かなくてはいけないことや、抱っこ紐自体の重量やボリュームも気になりました。

そのような中で出会ったのが「CUSE BERRY(キューズベリー)」の抱っこ紐。販売店で実際に試してみてびっくり!装着のしやすさはもちろん、肩と腰がとても楽で、抱っこ紐自体も軽量でした。デザインも私たち夫婦の好みそのもの。

日本人の体型に合わせて、日本の職人さんが一つ一つ丁寧に手作りされています。

前開きファスナーが付いており、抱っこ紐を装着したまま子どもを出し入れすることができます。抱っこからおんぶへの移行もとても簡単。抱っこ紐自体もとても軽く、畳むと31cm×15cmほどになりコンパクト。さらに、肩・腰への負担を最小限に抑えてくれる構造で、とても快適。

赤ちゃん自身も無理のない自然な姿勢で過ごせるようなバランスに調整されており、息子もいつも居心地が良さそうでした。デザインもシンプルで服装にも合わせやすく、男性も使いやすいところも魅力。

抱っこ紐は長く毎日使うものなので、デザインも機能性もどちらも大切。抱っこ紐を選ぶときは、赤ちゃんが産まれてから実際に赤ちゃんに色んな抱っこ紐に入ってもらい、ママやパパにとっての着け心地、赤ちゃんにとっての快適さを確認してみるのもおすすめの方法です。

CUSE BERRYの取り扱い店舗が近くにない場合はオンラインショップがあり、30日間の返金保障もあるので安心して試せます。

毎日の散歩や買い物、泣き止まない息子を抱っこしながらお昼寝、おんぶをしながらの家事等、抱っこ紐は日常の様々なシーンで活躍してくれました。

ベビーカーと違って抱っこ紐で買い物に行くと店内を自由に動き回ることができますし、バスや電車に乗るのもとても身軽。そして何より、息子とギューっとくっついているととても安心します。近い距離で顔を見ながら笑いかけたり話しかけたりすると、息子もニコニコと笑顔を返してくれます。この近い距離でのコミュニケーションが、きっと親子の絆をより強くしてくれているのだろうなと感じます。

 

紹介したどちらの抱っこ紐も楽天ROOMに入れています。

 楽天ROOM  (ブログで紹介している商品を楽天オンラインショップで集めています)

はじめての本物カメラ♪「アンパンマンカメラ」

イヤイヤ期な息子との衝突を緩和「おうち標識マーク」

息子の服選び〜グラニフの絵本コラボシリーズ編②〜

「ちょっと抱っこ」用。小さく折りたためるウエストポーチ型抱っこ紐。