子どものやる気を応援してくれる♪残り時間が目で見て分かる便利なタイマー

子どものやる気を応援してくれる♪残り時間が目で見て分かる便利なタイマー

反抗期真っ只中な息子とお互い気持ちよく生活するべく、残り時間が目で見て実感できる便利なタイマーを活用しています。「あともうちょっと〜!」の”あとちょっと”の区切りを分かりやすく提示できたり、だらだら〜になりがちなことの時は、後の自由時間と合わせてタイマーをセットしておくと、息子の行動がめちゃくちゃ捗る!親子の衝突も防いでくれて、家族みんなで重宝しているタイマーです。

「あともうちょっとあそびたいの〜!」「もうちょっとテレビ見たいの〜!」の”あとちょっと”を、今まではキッチンタイマーやスマホのアラームを使って区切りを分かりやすくしてきたのですが、残り時間が分かりやすいタイマーがあったら、時間の経過を実感しながら自分で気持ちを整えられていいのになぁと思っていたら…ありました!!

その名も「時っ感タイマー」。

ダイヤルをまわすと、その部分だけ色が変わります。時間が進むごとにその色づいた部分が減っていく仕組み。残り時間が0になると、「ピピピッ」と電子音でお知らせしてくれます。

「時っ感タイマー」

息子の1日のやることをゲーム感覚でこなせるように作って活用している、「一日すごろくボード」。やるべきことを早くこなすことでやってくる「じゆうじかん」や「おたのしみタイム」でもこのタイマーはとっても便利。

「1日すごろくボード」の記事はこちら

朝の準備が終わって、あと30分自由に遊べるぞ!というときはタイマーを30分間設定。時計よりも残り時間がパッと見て分かりやすいのが小さな子どもにもとても良い!残り時間があとどれくらいか、ということを自分で確認できるので、息子はアラームが鳴ると、ごねることもなくぴたっと遊びを止めて次の行動ができるようになりました。5歳の反抗期真っ只中ですが、親子の衝突を防いでくれるありがたきアイテム。

のんびり〜だらだら〜になりがちな例えば「お片付け」の時間などは、後の自由時間と合わせてタイマーをセットしておくと、スムーズにこなした方が自分にとって嬉しい時間が増えることが目で見て分かるので、息子の行動がびっくりするほど捗ります。

「これくらいの時間頑張ってほしいな」と思うこと、例えば「歯磨き」などはその時間を設定することでやる気アップ。

もともと小、中、高校生などの自宅学習のやる気や集中力アップのためにと開発されたタイマーだそうですが、未就学児、大人にもとても便利。私自身も集中するとついつい際限なくやってしまう仕事や家事の時間を区切るのに使えて、とても重宝しています。

残り時間が目で見て分かる便利なタイマー。お子さんとの生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか♪

今回ご紹介した「時っ感タイマー」はこちら。

Other Post

きなこの初著書「こどもとあそぶくらす」を発売しました!

子どものやる気を応援してくれる♪残り時間が目で見て分かる便利なタイマー

ディズニーのキャラクターたちと一緒に楽しく遊びながら学べる知育おもちゃ♪

子どもとの生活を楽しくスムーズに♪毎日のやることをゲーム感覚でこなせる「1日すごろくボード」(ダウンロードできます)