【兵庫】親子でJR福知山線の廃線跡を歩く冒険ハイキングへ!

【兵庫】親子でJR福知山線の廃線跡を歩く冒険ハイキングへ!

国鉄時代に機関車が走っていたJR福知山線の廃線が今も残っていて、2〜3時間ほどのハイキングコースになっています。コース内にはいくつもトンネルがあり、夏でもひんやり涼しいトンネル内は照明がなく真っ暗。懐中電灯を持って足元を照らしながら進むドキドキの体験に息子とチャレンジしてきました。

1. 大阪市内や神戸市内から気軽に行けるハイキングコース

廃線跡ハイキングコースのスタート地点の最寄駅はJR大阪駅から約30分ほどで行ける駅「JR生瀬駅」(他にもJR西宮名塩駅、JR武田尾駅から行くこともできます)。

生瀬駅前にミニコープがあり、ここが最後の食料&飲み物調達ポイント!

JR生瀬駅からハイキングコースの入り口までは子連れで徒歩20分ほど。
この道がちょっと複雑なので、生瀬駅構内に掲示されているマップをよく見て進みましょう。

ハイキングコース内にトイレはなく、コースの入り口にあるトイレが最後のトイレです。

2. おすすめの持ち物や服装

・歩きやすいスニーカー
・人数分の懐中電灯(子どもにも持たせてあげると楽しんでくれます!)
・夏以外の季節は上着(トンネル内は気温が低いので。夏はひんやり涼しくて気持ちいいです。)
・のみもの(コース内には自販機、売店がありません)
・たべもの(コース途中でシートを広げてお弁当を食べることもできます)
・レジャーシート
・ごみ袋(ゴミは持ち帰りましょう)

3. 子どもと一緒に挑戦できる!

我が家は息子が4歳のときに初めてこのコースに挑戦しました。
多少デコボコはしているけれど、坂道のない平坦な道なので子どもでも歩きやすく、「線路の上を歩く」「懐中電灯を持って暗闇のトンネルを歩く」という冒険気分を味わえるので子どももワクワク楽しめるハイキングコースです。

歩いていると、子連れファミリーとたくさんすれ違います。中には小さな赤ちゃんをおんぶして歩いているファミリーも!すごい!

ハイキングコースには、ここに線路があったのだなと分かる枕木がずーっと続いています。線路に沿ってまっすぐ進むので道に迷う心配もなし。

枝や石コレクターな息子は数歩進んではいったん停止。
この写真は4歳のときなのですが、7歳になっても同じことしてた(笑

4. ワクワクの冒険ハイキング

コース内にはかつて機関車が走っていたトンネルが6つあり、そこを歩いて通過します。トンネル内に照明はないので、懐中電灯必須!

トンネル内は懐中電灯がないと自分の足元も出口の光も見えない完全な暗闇…!
ちゃんとトンネル内にも枕木が続いています。
トンネルの中は夏でもひんやり涼しくて、まるで天然のクーラー!

トンネルの中も子どもたちの興味をひくものがたくさん。壁に水が流れていて沢蟹が住んでいたり。息子が興味津々で観察していると、「なになに!?」と集まってくる子どもたち。みんな懐中電灯を持って、ちびっこ探検隊みたい♪

トンネルを抜けてはまたまっすぐの道が続き、またトンネルを通るの繰り返し。電車の気分で進んでいきます。

当時電車が走っていた橋の上も!

武庫川渓谷沿いにあるので景色もとても綺麗。夏は木々の緑が綺麗で、秋は紅葉を楽しめます。川沿いには大きな石がごろごろしていて大迫力!

途中でレジャーシートを広げたり、ブロックにこしかけてお弁当を食べました。

4歳のときは約3時間でゴール。
7歳での挑戦は2時間ほどでゴールしました。歩幅が大きくなったかな。

コースの終着点にはトイレ、お食事処、ソフトクリーム屋さん、温泉があります。そこから徒歩10分ほどでJR武田尾駅に到着

4歳で挑戦したときは最後まで歩ききれるか、トンネルの中を怖がらないか心配もあったのですが、最後まで自分の足で歩ききり、冒険を楽しんでくれました。

頑張って最後までみんなで歩ききれたことは、家族みんなの大切な思い出に。「ゴールまで歩けた!」という息子の自信に繋がる経験になりました。

電車好きなお子さん、冒険好きなお子さんに、とってもおすすめのコースです!自分の足で長い時間歩けるようになったときには、ご家族で挑戦してみてはいかがでしょうか♪

Other Post

【京都】子連れ京都旅行に!ワクワク快適に過ごせる星野リゾートのホテル「OMO5京都祇園」

【兵庫】気軽に親子で雪遊びをするなら「六甲山スノーパーク」がおすすめ!

天候に関わらず子どもと楽しめる!大阪の室内遊び場 おすすめ10選

【兵庫】遊べる泊まれる博物館「植村直己冒険館 どんぐりbase」で宿泊&ナイトミュージアム体験!