【大阪】子どもの創造力を育む!旅育ステイを楽しめるホテル「星野リゾートリゾナーレ大阪」

【大阪】子どもの創造力を育む!旅育ステイを楽しめるホテル「星野リゾートリゾナーレ大阪」

2022年冬に大阪の南港にオープンした星野リゾートのホテル「リゾナーレ大阪」。イタリア発の先進的な乳幼児教育を取り入れていて、滞在中は子どもが自由な発想でさまざまな表現活動に没頭できます。対象年齢は0〜12歳(推奨年齢6歳以下)。今回は8歳の息子と過ごした1泊2日の体験をご紹介します!

1. 「創造力を遊びこむ」がコンセプト

「リゾナーレ大阪」があるのは、ユニバーサルスタジオジャパンや海遊館など、大阪で人気の観光スポットから近い大阪南港エリアです。

ユニバーサルスタジオジャパンへはホテルからの無料のシャトルバスで20分。大阪観光の拠点にも便利な立地です。

「グランドプリンスホテル大阪ベイ」内の23、24、26、28階が「リゾナーレ大阪」になっています。

コンセプトは「創造力を遊びこむ」。
子どもの興味や関心をかき立て、さまざまな表現方法で遊ぶ中で創造力のスイッチを押してくれる客室、子どものためのアトリエが用意されています。

2. 表現を楽しめる客室にワクワク!

客室は全10タイプあり、そのうち3タイプが「アトリエルーム」です。

「アトリエルーム」は海をイメージした床と、さまざまなモチーフが隠れた壁面が楽しい部屋で、備え付けの専用クレヨンで壁や窓に自由に表現することができます。

ホテルの窓や壁にお絵描きしていいだなんて、貴重な経験!

まるで描いた絵が空に浮かんでいるみたい♪

靴を脱いで上がれるので、赤ちゃん連れでも安心です。

今回我が家が宿泊したのは5人まで利用できる「アトリエルーム デラックス」

部屋の中にはアスレチックネットが張られていて、自由に登ったり寝転んだり、全身で思い切り遊ぶことができます。

息子はこのスペースが気に入り、何度も登って降りてを繰り返して楽しんでいました。

大きな窓からは海が広々眺められて、絶景でした!

ナイトウェアは子ども用の用意もあり、キッズスキンアイテム、踏み台、補助便座をはじめ、各ベビーアイテムが部屋に常設だったり貸し出しサービスがありました。

3. 子どものためのアトリエが楽しい!

最上階28階にあるのは、子どものための「アトリエ」
大きな窓から大阪の海を一望しながら、子どもたちが自分らしさを表現する遊びに没頭できる場所です。

自然物や工業製品など、身近なものに触れられるコーナー。

大きな紙や窓、さまざまな質感の紙に「描く」を楽しめるコーナー。

プロジェクターやライトテーブルなど光を使って表現できるコーナー。

鉱石や木の実など自然のものから、工業製品のパーツ、さまざまな質感や色のものが引き出しの中に収納されたコーナー。

自分で引き出しを開けて、ひとつひとつ触れて感じることができます。

砂や粘土で表現できるコーナー。

息子は最初このキネティックサンドにハマり、、
次に陶芸粘土に夢中になり、2時間近く捏ね続けていました。すごい集中力!

スタッフの方がされていた、「大人は多くを教えずそっと見守る姿勢が、子どもの豊かな創造力を育む」というお話が印象的でした。

4. 子どもだけの体験プロジェクト

期間ごとにテーマが変わる体験プロジェクトに、アトリエの奥の部屋で参加することができます(3〜12歳対象・予約制)。

テーマは期間ごとに変わっていくのですが、アトリエスタッフの方が子どもたちそれぞれの興味に丁寧に寄り添ってくれて、たくさんのひらめきを拾い上げ、一緒に探求を深めてくれます。

今回は自然物や生き物のフィギュアを使って自分だけの箱庭を作る体験でした。まさに息子が大好きな内容!

この体験プロジェクトは子どもだけの参加なので、1時間大人は退席します。
最後に1時間の様子を丁寧にフィードバックしてもらえます。
体験中の写真もプレゼントしてもらえました。

息子はさまざまな自然物を組み合わせて工夫しながら生き物たちが住む森を表現していました。こだわりが細部まで詰まっていて、息子らしい作品に仕上がっていました。

5. 大人のための「アトリエカフェ」

体験プロジェクト中、私たち夫婦が訪れたのは「アトリエカフェ」。

子どものための「アトリエ」と比べて大人な雰囲気の部屋には、鉱物や変わった形の種などが並んでいて、手に取り虫眼鏡で観察しながらゆっくりお茶をすることができます。

ちなみにこのアトリエカフェはスタッフがいないセルフサービスの場所。コーヒーやクッキーも無料で自由にいただけました。

6. レストランやプールも!

宿泊中の夕食、朝食は「グランドプリンスホテル大阪ベイ」のレストランを利用しました。

夕食はイタリアン。子ども用のコースもあります。

朝食はビュッフェ。パンの種類が多くて嬉しい!

今回は利用しませんでしたが、ホテル内には屋内プールがあり、夏には屋外ガーデンプールも楽しめますよ!(予約制)

7. 「リゾナーレ大阪」対象年齢は?

公式での対象年齢は0〜12歳(推奨年齢6歳以下)と案内されています。

今回滞在時に見ていると、アトリエを利用されているお子さんは1歳くらいの赤ちゃんから、息子と同じ小学校低学年くらいのお子さんまでいて、一番多いのは3、4歳くらいかなと感じました。

小学2年生の息子にはぴったりハマる表現活動でしたが、小学生だと物足りないと感じお子さんもいるかもしれません。

やはり環境としては幼児期のお子さんが一番満足できる内容かなと感じました。アトリエには0〜2歳の赤ちゃん向けコーナーもありますよ!


子どもも大人もワクワクする表現の数々に出会えた2日間。我が子の新たな一面に出会えたり、「家でもこんな風にやってみよう!」と思える新しい気付きを得られる滞在になりました。旅先でのさまざまな体験を通して豊かな心を育む、「旅育」にぴったりのホテルでした。

Other Post

【京都】子連れ京都旅行に!ワクワク快適に過ごせる星野リゾートのホテル「OMO5京都祇園」

【兵庫】気軽に親子で雪遊びをするなら「六甲山スノーパーク」がおすすめ!

天候に関わらず子どもと楽しめる!大阪の室内遊び場 おすすめ10選

【兵庫】遊べる泊まれる博物館「植村直己冒険館 どんぐりbase」で宿泊&ナイトミュージアム体験!