【淡路島】「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」で子連れコテージ泊!楽しみ方や持ち物など

【淡路島】「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」で子連れコテージ泊!楽しみ方や持ち物など

淡路島の中でも、我が家のお気に入りスポットのひとつ「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」。海に面した広い敷地内で、イルカや馬とふれあったり、釣り、バーベキュー、キャンプ、コテージに宿泊することもできます。ここでしかできない体験を子どもと一緒に楽しめる「じゃのひれ」での過ごし方をご紹介します!

1. 年中楽しめるイルカや馬とのふれあい体験!

「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」があるのは淡路島の南端。海に面した施設です。

海沿いにある「じゃのひれドルフィンファーム」では、「見学する」「触れる」「一緒に泳ぐ」の3つのコースから選んでイルカたちと交流できます。

小柄で可愛いポニーや、大きくて立派なサラブレッドたちと気軽にふれあえる「じゃのひれ乗馬クラブ」では、餌やり体験、ポニーやサラブレッドに乗ってお散歩体験、7月〜9月は馬に乗って海遊び体験もできます。

★ドルフィンファームは人気なのでオンラインでの事前予約を!乗馬クラブは予約できず当日受付ですが、開催の有無を電話確認しておくのがおすすめです。

2. 釣り堀で手ぶら釣り体験!

ドルフィンファームの隣には釣り初心者にやさしい大きな釣り堀があり、手ぶらで釣り体験ができます。子どもでも簡単に大きな鯛を釣ることができ、他の釣り堀と比べて驚くほど一瞬で釣れちゃいます…!

釣った魚は有料で下処理をしてもらえます。内蔵やうろこなどを取って三枚おろしにしてくれたり、お刺身用の短冊にもしてもらえるのが嬉しい!
持ち帰り用の保冷ボックスも売っていますよ。

★こちらは予約なしの当日受付です。最終受付は14時です。

3. 快適コテージ泊が子連れにおすすめ!

じゃのひれには日帰りで楽しめる手ぶらバーベキュー場、美味しい定食が食べられる食堂、キャンプ場がある他、さまざまな規模感のコテージも充実しています。

エアコンつきで季節に関わらず快適に過ごせるコテージは、子連れ淡路島旅にとってもおすすめ!遊んで美味しい海の幸を食べ眠れる最高コース♪

コテージによってサイズや設備が異なるのですが、今回我が家が宿泊したのはキッチン、冷蔵庫、トイレ、浴室、全てついた、6人まで宿泊できるログハウス調のコテージ(コテージ6〜10)。

室内には和室のコーナーと、大きな二段ベッドがありました。

和室にも布団を敷けます。

表にはテーブルがあるテラスがあり、ここでバーベキューを楽しむこともできます。

今回は部屋にあるキッチンで調理しました。ガスコンロはついていないので、カセットコンロを持参するかレンタルするとガス火調理もできます。

日中に釣った鯛のお刺身と、鯛とあさりのペペロンチーノを夕食に。美味しかった…!

コテージの前には大きな芝生広場があり、おもいきり走り回って遊べます♪

4. じゃのひれコテージの備品&持ち物

今回宿泊したコテージ内には下記の備品がついていました。

・寝具
・洗剤とスポンジ
・シャンプーとボディソープ
・まな板
・包丁
・冷蔵庫
・テレビ
・ケトル
・コップ

その他、有料でカセットコンロや鍋、バーベキュー台などレンタルすることもできます。

売店でお菓子など売っています。自販機、コインランドリーもあります。

持って行った方がいい持ち物はこちら!

・着替え
・タオル
・歯磨きセット
・洗顔料など
・調味料
・食材
・割り箸やスプーンなど
・紙皿や紙コップなど
・ゴミ袋
・キッチンペーパー(あると便利!
・カセットコンロ(あると便利!
・ランタンもしくは懐中電灯(あると便利!

5. 予約はこちら!

グランピングよりもリーズナブルでいて快適に自然あそびを楽しめる、淡路じゃのひれのコテージ泊。家族で気軽にアウトドア遊びをするのにおすすめです。生き物好きなお子さんなら絶対に大喜びしてくれること間違いなしのスポット!

予約は↓こちらの公式サイトからできます。コテージは人気ですぐ埋まってしまうので、早めのご予約を!

Other Post

【京都】子連れ京都旅行に!ワクワク快適に過ごせる星野リゾートのホテル「OMO5京都祇園」

【兵庫】気軽に親子で雪遊びをするなら「六甲山スノーパーク」がおすすめ!

天候に関わらず子どもと楽しめる!大阪の室内遊び場 おすすめ10選

【兵庫】遊べる泊まれる博物館「植村直己冒険館 どんぐりbase」で宿泊&ナイトミュージアム体験!