子どもと一緒に全身でアートを体感できる「チームラボプラネッツ」へ!(東京)

子どもと一緒に全身でアートを体感できる「チームラボプラネッツ」へ!(東京)

東京豊洲で2023年末まで開催されている「チームラボプラネッツ」にお友達親子と遊びに行ってきました。ここは他のチームラボと違い、大人も子どもも裸足で展示を楽しみます。水に入るゾーンもあり、作品の世界への没入感を楽しめる屋内体験型アートです。

子どもと行く際の服装や持ち物、会場の様子などまとめてみました!

1. いざ入場!混雑状況について

ゆりかもめ線「新豊洲」駅から徒歩1分で会場に到着!

チケットは日時指定のものを事前に購入し入場ゲートに並びます。

この日は週末でしたが、朝イチの回で入場したところ、空いていてのびのび過ごすことができました。展示を一周まわってロッカールームに戻ってきた10時半頃には学生さんの団体客がいたりと混雑していました。

↑入場ゲート前にあるユニークな形のベンチ。くぐったり登ったり、いろんな座り方ができて面白い♪

2. 服装や持ち物について

入場してすぐにロッカールームがあり、靴を脱いで荷物を全て預けます。持って入っていいのはスマホとカメラのみ。小さなポシェットでも預けなくてはいけませんでした。タオルは貸し出し用を使うことになります

・床が鏡になっている部屋もあるので、スカートはNG
・大人の膝丈くらいまで水で濡れるので、スキニーやレギンスではなくゆとりのあるズボンを履いていき、しっかり捲り上げるか、ハーフパンツに履き替えましょう
子どもは膝上パンツがおすすめ。
無料でハーフパンツの貸し出しもあります(子ども用100サイズから!)
・カーテンで仕切られた個室の更衣室もあります。

水遊び大好きな息子も、薄暗い水に飛び込んでいく勇気はなかったようで、全身ずぶ濡れになることはなく、履いていた膝上丈のパンツが濡れる程度で済みました。会場は薄暗く、転んで予想以上に濡れてしまうこともあるので、小さなお子さんは下着まで着替え一式を持っていくと安心ですよ。

3. ウォーターエリア

会場は部屋ごとにテーマが異なり、順路に沿って移動していきます。作品ごとにスタッフが待機しているので、服が濡れたりトイレに行きたいときにはいつでも声をかけるとロッカールームへいったん迂回させてもらうことができます。

薄暗い道からのスタート。ドキドキ・・・

まずはウォーターエリアから進んでいきます。滝登りにテンションが上がる子どもたち。手を繋いでぐんぐん登っていきました。

室内×薄暗い×水…というなんとも不思議な感覚です。

プロジェクションマッピングの鯉たちが水面を優雅に泳ぐ空間に到着。鯉が泳いだ軌跡が美しいラインになって描かれています。

人がぶつかると花に変化する鯉たち。決まった映像が流れているのではなく、その瞬間ごとに作品が描かれ続けているのが面白い。子どもたちは鯉を触ったり、水の中をざぶざぶ歩いたり、思い思いに楽しんでいました。

水から上がるとタオルで足を拭くコーナーがあります。タオルは貸し出し用が豊富に用意されていて、その場で拭いて回収されます。服が濡れた場合はいったんロッカールームに戻って着替えをします。

足を拭いてから入る、床も壁も全面ビーズクッションのような部屋が息子一番のお気に入りでした。これはもう人をダメにしすぎる…(笑

コロナの感染対策で立ち止まらないよう促されるのですが、足が沈んでスムーズに歩けない…!(中学生たちがここを走り抜けていて、若さに感動しました。。

4. 光のエリア

次は裸足のまま、光の点の集合で作られた宇宙のような空間へ…!

12色に変化していく光の球体が転がる部屋!

人が触って球がぶつかり合いながら移動していくことで、空間の雰囲気が変化します。子どもたちは球の後ろに隠れて逃げ回って楽しんでいました。

いずれも床が鏡貼りになっていて、自分が浮いているような不思議な浮遊感♪

5. ガーデンエリア

プラネタリウムのようなドーム状の空間に、花々が変化しながら映し出されます。寝そべって見上げていると吸い込まれていくような、この空間に一体化していくような感覚を味わうことができます。子どもたちもしばらくじっと見入っていました。

長居植物園のチームラボにもある、光る卵状の作品。夜間は暗くなるので、昼間と夜とで見られる作品の雰囲気も異なるそう。

1万株以上のランの花を使った、良い香りに包まれた空間では、人が近づくと花がゆっくり浮遊して道をあけてくれます。まるで自分が花の世界と一体化するような感覚を楽しむことができます。

どうやって花を動かしているのか、どうやって花に水をあげているのか、仕組みが気になる息子でした(笑

1周まわりきったらまた戻って展示を楽しむこともできます。息子はお気に入りのビーズクッション部屋をおかわりしました。

「チームラボプラネッツ」は、自分で歩ける、薄暗い場所や水が怖くないお子さんであれば、2.3歳くらいからでも楽しめる体験型展示です。親子で一緒にアートの世界に溶け込める、非日常体験ができますよ♪

6. 施設情報

◎最寄駅:ゆりかもめ線「新豊洲」駅(徒歩1分)

◎開催期間:2023年末まで

◎営業時間:平日10:00〜20:00、土日祝9:00〜21:00
(2022年10月現在。時期によって変動します。不定期で休館日あり)

◎料金:大人3200円、中学生高校生2000円、4〜12歳1000円、3歳以下無料

◎滞在時間:1〜2時間程度

ゆりかもめ沿線はチームラボ以外にも、子どもと楽しめる遊び場がたくさん!
「日本科学未来館」「ダイバーシティ東京(うんこミュージアム、未来デパート、未来リトルプラネットなど)」「パナソニックセンター東京AkeruE」などがおすすめです。他にもキッザニアやレゴランド、なども人気!

Other Post

子どもとニンテンドー大阪へ!整理券の取り方・グッズ・混雑状況について(大阪)

廃小学校が水族館に!釣りもできる神戸みなとやま水族館へ(兵庫県)

冬はこたつであったか!森の中にある透明ドームでピクニック「六甲山 森の音ミュージアム SIKIドーム」(兵庫県)

万博公園で森の空中散歩ができる「空中観察路ソラード」で子どもと気軽にハイキング!(大阪)