親子で楽しむクリスマス〜アドベントカレンダー作り 2016・2017

親子で楽しむクリスマス〜アドベントカレンダー作り 2016・2017

小さな息子と一緒にクリスマスを楽しむため、アドベントカレンダーを手作りしました。

 

1歳だった去年はまだお菓子を使わないカードタイプのアドベントカレンダーに。

おうち型のカードをパソコンで作り、窓を開けるとネズミさんがいるデザインに、毎朝ネズミさんにおはよー!と挨拶をするのを楽しみにしてくれていました。

お花屋さんで買った大きな枝にクリップでカードを挟んでいます。

今年はいろんなものを食べられるようになり、一番ブームな「小魚」をアドベントカレンダーに入れてみることにしました♪

こんな感じの展開図で画用紙を使って小さな立体のおうちを作っていきます。厚紙の方がよりしっかり作ることができます。

 

展開図1

①②は同じ長さで、③④より少し短くします。④は③よりやや長く。。(なんと大雑把な…

 

展開図2

中央部分に四角い折り目を付けます。①②の端を折って三角形にします。

 

展開図3

③④に、中央の四角形の一辺よりやや小さい幅で折り目を付けます。④の端には小さな折り目を付けます。

 

展開図4

②の表におうちの窓やドアを描きます。

①②をやや内側に折り込みながら③④をとじて、④の端にテープを貼って完成。

 

立体のおうち

数字も書いて、24日分まで作りました。

 

中には息子が大好きな小魚を。小魚アドベントカレンダー。渋い。ちなみにこの「いわしっ子」はイオンで買った、アーモンドが入っていない小魚だけのタイプ。小袋入りなのでお出かけに持って行くのに便利です♩

 

おうちのてっぺんに穴あけパンチで穴を開け、紐を通して吊るしました。

吊るしている枝は公園で落ちていたものを拾って紙やすりで綺麗に磨いたものです。

完成

一日ひとつずつのルールも理解してくれているようで、朝起きると「さかな♩さかな♩」とご機嫌でアドベントカレンダーを指差し、毎日の楽しみになっていました♪

Other Post

紙皿や紙コップを使って、親子で作れるリースとミニツリー工作

身近な材料を使って、おうちクリスマスを楽しむ工作アイディア

ポケモンのアドベントカレンダーと、フィギュアで遊べる飾れるボードを手作りしました

落ち葉と身近な材料を使って、簡単ステンドクラス&ランタンづくり