子連れで楽しめる東京の室内遊び場巡り〜全6施設!(東京)

子連れで楽しめる東京の室内遊び場巡り〜全6施設!(東京)

週末に友人親子と一緒に東京へ。ずっと行ってみたかった遊び場を巡ってきました。東京は関西にない魅力的な室内の遊び場がたくさん!事前予約制の場所も多く、混雑を回避して並ばずに楽しめるのは子連れにもありがたい…!
今回行くことができた6ヶ所の遊び場についてまとめてみました!

1. チームラボプラネッツ

東京豊洲で2023年末まで開催。他のチームラボと違い、大人も子どもも裸足になって全身でアートを体感することができる体験型屋内展示です。

水に入るエリア、光や花に包まれるエリアがあり、子どもも大人も作品への没入感を楽しむことができます。

▼施設内の様子、服装や持ち物についてこちらで詳しく書きました!

◎最寄駅:ゆりかもめ 新豊洲駅(徒歩3分)
◎営業時間:平日10:00〜20:00 休日9:00〜21:00
◎日時指定のチケットを事前購入
◎料金:大人3200円、中高生2000円、4〜12歳1000円、3歳以下無料
◎滞在時間目安:1〜2時間程度
◎対象年齢目安:3歳頃から大人まで楽しめます!

2. パナソニックセンターAkeruE (アケルエ)

パナソニックセンター東京の中にある、「ひらめき」をカタチにするクリエイティブミュージアム。

ものづくりや科学の不思議に出会えたり、用意されているさまざまな材料を自分で選んで組み合わせて、その時々のテーマの問いに答える作品づくりができます。

一人ずつスペースが仕切られた、夢の工作コーナー!

材料コーナーは引き出しごとにビーズやスポンジ、布の切れ端、プチプチ、ねじ、などさまざまな材質のものがストックされていて、自由に取って使っていい!というワクワク感!

つくった作品は本格的な撮影コーナーで物撮りができたり、かっこよく展示したり、持ち帰ることもできます♪

◎最寄駅:ゆりかもめ 有明駅(徒歩3分)
◎営業時間:10:00〜18:00
◎休館日:毎週月曜日
◎日時指定のチケットを事前購入
◎料金:700円(小学生以上)、未就学児無料
◎滞在時間目安:2〜3時間
◎対象年齢目安:年長さんから小学校高学年くらいまで楽しめそう!

3. ずかんミュージアム銀座

図鑑の中を冒険できる「ずかんミュージアム」!
動物や昆虫、魚など、生き物たちの生態を観察できる、「小学館の図鑑NEO」プロデュースの体験型施設です。

施設内は森や川、サバンナなど、生き物の生息地によって5つのゾーンに分かれているのですが、受付で手渡される「記録の石」を持って見つけた生き物を記録していきます。

「記録の石」は生き物がどこにいるのかを検知してくれて、隠れている生き物に慎重に近づきゲーム感覚で記録していきます。

ここでは1日が24分で過ぎていくのですが、時間や天気によって出会える生き物が変わっていくのも面白い。

「記録の石」は48分(この世界の2日間)で効力が切れます。最後の部屋では自分が記録した生き物たちが映像となって現れ振り返ることができます。記録した生き物たちが地球へ戻って消えていくのがドラマチック。

今回記録できた生き物が表示された「記録の証」と生き物カードがお土産にもらえますよ♪

◎最寄駅:東京メトロ 銀座駅(徒歩3分)
◎営業時間:平日11:00〜19:00、土日祝10:00〜19:00
◎日時指定のチケットを事前購入
◎料金:大人2500円、中高生1700円、小学生1200円、3歳以上900円
◎滞在時間目安:1時間
◎対象年齢目安:記録の石にひらがなで文字が表示されるので、ひらがなが読めるとより楽しめます!幼児さんから大人まで!(漢字も選べます)。

4. うんこミュージアム

子どもが大好きな「うんこ」がテーマの、遊べるミュージアム。

中に入るといきなり大人も子どももカラフルな便器に座らされ、うんこをするように言われるというとんでも演出。

便器の中を覗くとカラフルなうんこが転がっていておみやげにもらえます…!

脳内がおかしくなってきて、うんこがだんだん可愛く感じる不思議。。
日本のカワイイ文化の極みに触れられます(笑

◎場所:ゆりかもめ台場駅(ダイバーシティ東京 プラザ2階)
◎営業時間:平日11:00〜20:00、休日10:00〜21:00
◎料金:大人1600円、小学生900円、未就学児無料
◎滞在時間目安:30分〜1時間程度
◎対象年齢目安:幼児も小中高生も大人も楽しんでました。

5. ドラえもん 未来デパート

うんこミュージアムの隣にある、ドラえもんのオフィシャルショップ。

体験型アトラクションエリア《ひみつ道具ラボ》、《ショップゾーン》、オリジナルグッズを作れる《カスタマイズゾーン》があって、小さなドラえもんミュージアムみたい!

《ひみつ道具ラボ》ではお馴染みのひみつ道具をテーマにしたゲームで遊ぶことができます。「どこでもドア」は行ってみたい場所をドアの前で伝えると、なんと”どこでも”連れて行ってくれる♪

「うんこミュージアム」と「未来デパート」がある『ダイバーシティ』は大きな商業施設で、他にも「リトルプラネット」や「ラウンドワン」などの遊び場、飲食店なども充実しています!

◎最寄駅:ゆりかもめ台場駅(ダイバーシティ東京 プラザ2階)
◎営業時間:10:00〜20:00
◎料金:《ひみつ道具ラボ》は「どこでもドア」以外有料。1回350円!
◎利用時間目安:30分〜1時間程度
◎対象年齢目安:アトラクションは幼児から小学生くらいが楽しいかも。

6. 屋内雪遊び場「スノーランド」

室内遊園地「東京あそびマーレ」の中にある、年中雪遊びができる「スノーランド」に行ってきました。

天井から人工雪が降る、季節を問わず雪遊びが楽しめる施設♪

長靴は子どもサイズから大人サイズまで無料の貸し出しあり(12〜29cm)。
雪遊び用のおもちゃも無料で自由に使うことができます(混雑時は足りなくなりそうなので持参してもいいかも)。

「東京あそびマーレ」にはスノーランドの他に広い屋内の遊び場も!

ボールプールやゴーカート、忍者屋敷など設備が充実していて親子で1日楽しめますよ♪週末は混むので朝イチ入場がおすすめ!

◎最寄駅:京王堀之内駅(駅前すぐ)
◎営業時間:10:00〜18:00
◎料金:平日フリーパス1200円、休日フリーパス1600円(1歳まで無料)
◎利用時間目安:半日〜1日楽しめます。
◎対象年齢目安:1歳頃から小学生低学年くらい。
◎室内温度18度でめちゃくちゃ寒くはないけれど、上着がある方がいいです。他にも手袋、濡れた時用に着替えがあると安心。


室内の遊び場は、暑い日、寒い日、雨の日、天候に関わらず子どもを遊ばせてあげられるありがたい場所。東京にはそんな場所がたくさんありますね♪
まだまだ東京には行ってみたいスポットがたくさん!またのお楽しみに♪

▼他にもこれまで東京でこんな室内の遊び場に行きました。

▼子連れ東京旅行におすすめ!秘密基地みたいなホテル!

Other Post

子どもとニンテンドー大阪へ!整理券の取り方・グッズ・混雑状況について(大阪)

廃小学校が水族館に!釣りもできる神戸みなとやま水族館へ(兵庫県)

冬はこたつであったか!森の中にある透明ドームでピクニック「六甲山 森の音ミュージアム SIKIドーム」(兵庫県)

万博公園で森の空中散歩ができる「空中観察路ソラード」で子どもと気軽にハイキング!(大阪)