トミカやレゴで作った車を走らせよう♪レゴ作品の収納もできる、ダンボールで作るレーシングコース

トミカやレゴで作った車を走らせよう♪レゴ作品の収納もできる、ダンボールで作るレーシングコース

乗り物大好きな4歳の息子。プラレールやトミカをはじめ、レゴで作るのも乗り物ばかり。そんなレゴで作った車で遊べるように、レーシングコースをダンボールで作ってみました。車を並べてストッパーを抜いてスタート。一人でも家族みんなでも遊べるダンボールコースです。作ったレゴの車の一時保管庫にも使えます♪

用意するもの

  • 大きめのダンボール箱(同じくらいのサイズのものを2つ)
  • カッターナイフ
  • セロハンテープ
  • ガムテープもしくは梱包用透明テープ
  • あれば30cm定規
  • ストロー4本
  • ペン

作り方

①ダンボール箱ひとつを写真のように斜めにカットして土台を作ります。緩やかな傾斜でOK!

②もう一つのダンボール箱を使って土台のサイズに合わせて長方形に切ります。長さが足りないときは継ぎ足してガムテープで貼り付けましょう。

継ぎ足すとぐらぐらになりやすいので、裏側にダンボールを貼り付けて補強しましょう。

③土台になるダンボール箱の一番上のところを少し凹ませるようにカットして、2の長方形の板を乗せます。

④土台の一番上から3cmくらいの位置の両はしに少し切り込みを入れて、ストッパーが入る溝を作ります。ストッパーは30cm定規、もしくは細長く切ったダンボールを使用します。

⑤細長く切ったダンボールをコース上にテープで貼り付けます。

⑥次にストローで幕を作ります。折れ曲がるストローの場合は折れ曲がる部分を切り落としておきます。ストローをスタート位置とゴール位置にそれぞれ2本ずつセロハンテープで貼り付けます。紐で結び、「START 」と「GOAL」と書いた紙を貼り付けます。

⑥コースに数字を書き込めば完成!

遊んでみよう!

まずはレゴで車を作ります。パーツをつなぎ合わせて、色もサイズも形も、自由な発想で作れるのがレゴ車の醍醐味♡

のりものパーツを作るのに便利なタイヤパーツたちはセリアのケースで整理しています。

→レゴで乗り物作り放題♪「レゴのタイヤパーツセット」

ストッパーを設置して、車を並べます。もちろんトミカでも遊べますよ♪

ストッパーをスイッと外せばスタート!

「ガンバレー!!」

「ゴール!とーちゃんが作った車が速かったねえ!」

コースの下は空洞になっているので、作った車たちの一時保管場所にもぴったり。

ストッパーがあるので、一人で遊べるのはもちろん、家族それぞれが自作した車で競争しても盛り上がります♪ダンボール箱を繋ぎ合わせればもっと長いコース、レーンの多いコースにも。作って楽しい、遊んで楽しいレゴの車。親子で遊んでみませんか?♪

Other Post

リール付き!本物みたいに糸を巻き取れる手作りつりざおで魚釣りあそび

親子で実験あそびを楽しめるおすすめお手軽キット

発射台が動く♪身近な材料で作る玉入れゲーム

メラミンスポンジを使って“カタチスタンプあそび”