赤ちゃんの頃の思い出グッズ 保管方法

赤ちゃんの頃の思い出グッズ 保管方法

久しぶりに息子が生まれた頃の育児日記を読み返してみました。赤ちゃん時代の思い出の品を見返すと、「このときの息子を抱っこしたいなぁ」「あのときはこんなことに悩んでいたなぁ」「あのときの自分に「だいじょうぶだよ」って声をかけてあげたいなぁ」なんてことを思ったり。。いろんな想いがかけめぐります。

そんな赤ちゃん時代の思い出の品は一つの箱にまとめて保管しています。

へその緒と初めてカットした髪の毛は、小さな桐箱にアクリル絵の具で絵を描き、中にコットンを敷いて保管しています。(桐箱は東急ハンズやネットで購入できますよ♩)

ファーストシューズは、その靴を履いて初めて公園に行ったときの写真と合わせて布袋に。

この袋は無印良品の100円で買える布製ギフト袋で、店頭に用意されている布用スタンプを押して作りました。紙にイラストを描いたタグも付けて、紐で結んでいます。

手芸が得意だったら布の袋も手作りして刺繍なんてできたら可愛いのですが、なにせ手芸が苦手すぎるのでこの方法に。

初めて着た服、スタイ、帽子も、写真といっしょに無印良品のギフト袋に。(布製のギフト袋を扱っていない店舗もあるかもです。)

こんなに小さな靴や服を着ていたんだな〜と、大きくなった息子の成長を改めて感じます。

マタニティマーク、産院で付けていたリストバンド、初めての歯固め(とーちゃん作)、一歳になったときに手作りした選び取りカードなどの小物類は、そのときの写真と合わせて無印良品のフォトアルバムに保管しています。(クラフト紙が表紙の薄くてシンプルなものです)

他に、私の祖母が書いてくれた命名書や赤ちゃんのときに使っていた枕なども合わせて、一つの箱にまとめています。

使っているのは無印の収納ボックス。

クリスマス、お正月など行事ごとのグッズなど、細々した収納しておきたいものもこの収納ボックスで揃えて保管。収納ボックスを揃えると見た目にもスッキリ整います。中に入っているものをマスキングテープに書いて手前に貼っておけばわかりやすく取り出すことができます♩

息子の成長を感じることができる宝物がぎゅぎゅっと詰まったこのボックス。見返す度にそのときの愛おしさがほわんと蘇えり、我が子と向き合う新たなエネルギーをくれる玉手箱みたいです♪(^^)

 

息子の赤ちゃん時代に愛用していたグッズ、Instagramやブログで紹介してきた商品などを、楽天ROOMにまとめています

↓↓↓

きなこ 楽天ROOM

【コラム】赤ちゃんを可愛く撮影する10のコツ

【コラム】親子で楽しむ「おいしいね」の時間

シンプルデザインが可愛い「韓国こども服」〜おすすめのお店まとめ

赤ちゃんから大人まで魅了する「しかけ絵本」の世界